病気の予防

ポーズをとる筋肉質の男性

血栓は血管に空気が入り、血が固まることでできます。血栓が心臓で詰まれば心筋梗塞、あるいは狭心症。脳に詰まれば脳梗塞や片麻痺など様々な影響がでます。女性ホルモンも長期に摂取すると血栓ができやすくなるといわれており、一度なるとまたできやすいため予防が大切です。脳梗塞などを発症した方あるいは心臓の手術をした場合、長期的に血栓予防薬を飲む必要があります。今のところビタミンKを阻害するワルファリンなどがよく使われ、服薬指導で納豆を食べないでください。と言われます。これは納豆に含まれるビタミンKが薬で抑えている量を超えると血栓ができやすくなり、予防効果がなくなるためです。納豆以外にも緑黄色野菜にはビタミンKが多く注意が必要です。

最近は健康志向により青汁等の野菜を摂取する方が増えています。これはビタミンKも食事でとるよりかなり多く摂取するため、以前からあるビタミンKに拮抗する薬物では予防効果が減弱します。そこで最近では全く別のところを阻害することにより血栓予防をする薬がよく使われるようになってきました。ワルファリンのような薬物より相互作用が少なく使いやすいため、最近ではよく処方されます。しかし、この薬剤はワルファリンより少し高いため経済的な理由から使わない方もいます。よく耳にするDHAやEPAなども血液サラサラにする効果があるとされています。血栓の予防効果としては薬物には負けますが、安く、再発ではなく初めて起こる脳梗塞などの予防に有効であるとされています。

注目の記事

オススメリンク